男性の病気治療

HOME>男性>男性の病気治療


・男性の骨粗しょう症治療にゾレドロン酸が有効
2年間の調査によると、1年に1回5mgのゾレドロン酸を注入した人は、椎骨骨折のリスクが減少しました。
情報参考サイト:Healthday2012.10.31

タグ:治療 予防 効果
【男性の最新記事】
posted by サンテ at 21:06 | Comment(0) | 男性 | 更新情報をチェックする

女性の病気治療

HOME>女性>女性の病気治療

・更年期障害は、日中の運動で改善
日中に家庭生活の他に運動をした人は(日常身体活動レベルが高い)、夜の睡眠が向上しました。ほてりや寝汗が減少し夜目覚めることも減りました。しかし、人種により効果は違います。
情報参考サイト:Medical News Today2013.4.1

・乳がん腫瘍成長抑制にオメガ3脂肪酸
マウスの実験では、オメガ3脂肪酸を与えられたマウスは、乳がん腫瘍の成長を30%減少することができました。人間でも、オメガ3脂肪酸の豊富な食事により乳がんリスクを減らせるのではないかと言うことです。
情報参考サイト:Medical News Today2013.2.25

・閉経後のほてりは、睡眠が有効
閉経後の更年期障害であるほてりを持つ女性を対象に、12週間の睡眠プログラムを実施したところ、プログラム未実施の人の17%に対し、74%の人がほてりの減少を報告しました。この結果は、ホルモン療法の代わりにもなるのではないかとしています。また、睡眠プログラムのために専門家の指導にお金がかかるとしています。
情報参考サイト:Healthfinder.gov2012.11.1
タグ:効果 治療
posted by サンテ at 10:05 | Comment(0) | 女性 | 更新情報をチェックする

子供の病気治療

HOME>子供>子供の病気治療

・子供の前十字靱帯損傷治療は早い方が良い
前十字靱帯損傷治療(ALC)を受けた平均14歳の135人の選手を調べたところ、6週間以内に治療をした子供に比べて、6〜12週間後に治療した人は外側半月損傷で45%、12週間以後の治療では3倍以上の可能性があり、内側半月板断裂で4倍以上となっていた。
この事から、子供のACL治療は早く行うことが良いとしています。
情報参考サイト:ロイター

・新生児の細菌感染症に、亜鉛が良い
肺炎や髄膜炎などの細菌感染症の新生児の治療には、抗生物質の他に1日10mgの亜鉛サプリメントが
回復に役立つそうです。亜鉛は、シロップや水溶性錠剤として与える事が出来るそうです。亜鉛投与は、勝手な自己判断ではなく、医師に相談してからにして下さい。。
情報参考サイト:Yahoo News UK

・ビタミンDは、子供の冬の風邪を予防する可能性
冬期のモンゴルの人は、血中ビタミンD濃度が低いですが、250人の児童にビタミンD補助剤を飲ませたところ、半数の人が呼吸感染症リスクが減少しました。体は、日光に応じてビタミンDを自然に生産します。日光に当たらない人は気をつけましょう。
情報参考サイト:Healthday

タグ:効果
posted by サンテ at 14:08 | 子供 | 更新情報をチェックする

薬・治療の注意・警告

HOME>注意・警告>薬・治療の注意・警告

・Pradaxaは、人工心臓弁の人は使用すべきではないと警告
人工心臓弁を持っている人が、脳卒中や血栓防止のために抗凝固剤Pradaxaを使用しないように、米国食品医薬品局が警告を出しました。
情報参考サイト=FDA(米国食品医薬品局2012.12.19

・カルボプラチン注射液(ホスピーラ社)リコール
米国において、ホスピーラ社のカルボプラチン注射液の3ロットをリコールしました。
情報参考サイト=FDA(米国食品医薬品局2012.12.14

< 薬の注意・警告 >

・プレタール(シロスタゾール)使用制限 欧州医薬品庁
狭心症・心臓発作を持っている人、バイパス手術をした人、抗凝血薬を2つ以上服用している人は、使用しないほうが良い。
情報参考サイト=ロイター2013.3.22

・抗生物質アジスロマイシンに致命的な心臓リズム変化
アジスロマイシンが、致命的に心臓のリズムを不規則にする結果を引き起こす可能性があると、FDA(米国食品医薬品局)が警告を発表しました。
情報参考サイト=Medical News Today2013.3.13

・コデイン薬に警告
子供の扁桃腺やアデノイド除去手術をした後に痛みを和らげるためにコデイン鎮痛剤を服用すると、重篤な副作用や死亡の可能性があるとして、FDA(米国食品医薬品局)が警告を発表しました。
情報参考サイト=Medical News Today2013.2.21

・禁煙薬チャピックスに警告
禁煙薬Chantix(日本発売名:チャンピックス)が、非致死性の心臓発作、非致死性の脳卒中、心血管に関連した重篤な心血管障害の確率が、少し高くなる事が分かったとして、FDA(米国食品医薬品局)は警告を出しました。胸の痛み、息切れ、ふくらはぎの痛みなどこの薬を飲み始めて新しい症状が出たら、すぐに医師に相談して下さい。
情報参考サイト=Healthfinder.gov2012.12.13

・Opanaは、静脈注射で腎不全・死亡事故
Opanaは、経口治療薬ですが静脈注射で利用すると深刻な血液障害を起こし、腎不全や死亡する場合があるとFDAが警告を発表しました。Opana薬は過剰投与に弱いかもしれないそうです。
情報参考サイト:ロイター2012.10.11

・SimplyThick増粘剤は、乳児の壊死性腸炎リスク
SimplyThick増粘剤は、燕下困難時に使用される薬ですが、米国食品医薬品局(FDA)は、2011年5月の早産児を対象の警告に続いて、すべての乳児に壊死性腸炎リスクがあるとして、警告を発表しました。
情報参考サイト:米国食品医薬品局(FDA)2012.9

・睡眠薬は長期間使用されるべきではない
不眠症で眠れない人の多くが、自己判断で睡眠薬を服用しているが長期間の使用をするべきではないと薬剤師が言っています。軽度の不眠症で短期間の服用には良いけれども、不眠症は、うつ病・不安障害・統合失調症・心臓病・アルツハイマー病やホルモンの問題を含め、他の病気でも正常な睡眠を乱すことができますから、医師に相談しなければならないとしてます
情報参考サイト:BBC

・抗うつ薬は、自動車事故のリスクを上げる
抗うつ薬のベンゾジアゼピンは、自動車事故のリスクを上げる事が分かったそうです。この薬を飲んで自動車を運転しないように薦めています。自動車を運転する人は安全の為、ベンゾジアゼピンではない薬に変更する事を勧めています。
情報参考サイト:Healthday

・淋病治療薬耐性菌の増殖
治療不可能な淋病が世界的に蔓延しようとしています。淋病治療の為の抗生物質に耐性を持った淋菌が増加しています。オーストラリア、フランス、日本、、ノルウェー、スウェーデン、イギリスなどで発見されています。人間にとっての最終治療薬に耐性を持ってしまうと、この病気の治療法がなくなってしまいます。
淋病になると以下のような事が懸念されます。
・尿道、子宮頸部、直腸の感染 ・男性と女性の不妊・HIV感染と送信のリスクの有意な増加・子宮外妊娠、自然流産、死産や早産 ・淋病を持つ女性に生まれた赤ちゃんの30〜50%で重篤な眼感染症により失明する
性交やオーラルセックスで感染するから予防する必要があります。不特定多数の人とのSEXは感染率を高めます。女性は感染していても症状が無いので自分で出来る性病検査キットで確認しましょう。もちろん、男性も検査して下さい。
情報参考サイト:世界保健機構(WHO)

・フェンタニル貼り薬の保管に注意
この貼り薬の成分は合成麻薬としても世界で流通しているくらいですから、間違えると幼児の死亡につながります。だから、フェンタニル貼り薬の保管には十分注意して下さい。小さい子供がいる家庭では、子供の手の届かない、目に見えない涼しい場所で保管し、使用時には剥がれないようにカバーをし、子供の場合は常に気をつけて見て下さい。麻酔にも使用できるレベルで強力ですから、効果は強いですけど間違えればとんでもない事になりかねません。薬は、規定や医師の指導に従って使用しましょう。自己判断はよくありません。
情報参考サイト:FDA(米国食品医薬品局)



< 治療の注意・警告 >

・多発性硬化症(MS)治療の静脈解放療法

一部の研究者の間では、慢性脳脊髄静脈不全(CCSVI)が首・胸の静脈の狭窄を起こす為に多発性硬化症(MS)を発症するとして、CCSVI治療の為に静脈解放療法をしますが、潜在的な死亡リスクがあるとFDA(米国食品医薬品局)は警告しています。 そもそも、CCSVI治療の為に静脈解放療法はFDAが承認していませんし、MSとCCSVIの関連も科学的根拠が明確になっていませんから、この治療法を選択する時には、十分な考慮が必要です。
情報参考サイト:FDA(米国食品医薬品局)

posted by サンテ at 14:35 | Comment(0) | 注意・警告 | 更新情報をチェックする

肥満の情報

HOME>肥満>肥満の情報

・BMI値(ボディマス指数)と冠状動脈性心臓病
120万人の女性の10年間の調査では、肥満に関係なくBMI値が少しでも増加すると、冠状動脈性心臓病の発生リスクが上がることが分かりました。健康的なライフスタイルで防ぐことができる。
情報参考サイト=medicalnewstoday2013.4.3

・ビール腹の男性は、骨粗しょう症リスクが高い
腹部に脂肪がある所謂ビール腹の男性は、心臓病と2型糖尿病のリスクが高い事は知られていますが、今回の研究では、骨粗しょう症のリスクが高い事が分かりました。
情報参考サイト=ロイター2012.11.28

・朝食抜きは高カロリー食品を選択
朝食を食べない人は空腹により高カロリーの食品を選択して食べる傾向にあり、結局1日の摂取カロリーは朝食をとった人より多くなったという調査結果が発表されました。朝食を食べる事は、食べ過ぎと高カロリー食品への食欲を防止すると言っています。
情報参考サイト=Healthday2012.10.17

・ヨーロッパ監査機関がVivusの肥満薬承認拒否勧告
Vivus社のやせ薬(肥満薬)は、長期的な潜在的安全性が懸念されるので、この薬を承認しないことを歓迎すると発表した。米国では2012年7月にVivus社「商標名=Qsymia」肥満薬として承認されています。
情報参考サイト=ロイター2012.10.18

・体脂肪になりにくい油の効果
体脂肪になりにくい油には、色々な種類があり作用も異なるそうです。油は脂肪酸で出来ていますが、実験で用いられた脂肪酸は、共役リノール酸(CLA)です。このCLAのマウス実験の場合効果がありました。体脂肪も内臓脂肪も減少したそうですが、脂肪肝・糖尿病を発症したそうです。実験では、通常サプリメントで摂取する70倍の場合に病気になりましたが,少量摂取(0.13g/マウスの体重1kg)の場合は、病気にならなかったので、少量摂取が良いと言う事です。注意しなければならないのは、脂肪酸は体に必要な成分ですから、サプリメントでも油でもどのような方法でも、極端に体脂肪を減少してはいけないそうです。販売されている油も安全性が確認されていない成分を含むものもありますので注意して下さい。
情報参考サイト=健康・栄養フォーラム

・肥満の子供は、失明のリスクが高い
2歳から19歳の特発性頭蓋内圧亢進患者の調査によると、70%以上の人が肥満または過体重だったそうです。特発性頭蓋内圧亢進と言う病気は、頭蓋骨内の圧力が高まり致死的な病気を起こしますが失明する人も10%くらいいます。この病気が肥満の11歳から19歳の白人女子に多い事が調査で判明したので、肥満の子供の失明リスクが高いと言う訳です。この調査は米国の調査と思われますが、東洋人も肥満の人が増えていますから注意した方が良いですね。
情報参考サイト=Healthday

・親と一緒に寝る子供は、肥満になりにくい
親と一緒に寝ていない子供は、一緒に寝ている子供より3倍の肥満リスクがあるとの研究報告。親と一緒に寝る事で子供は安心感を得られ熟睡する事により、肥満リスクが減るのではないかと言う事です。昔の日本では川の字に寝るなんて言われていましたけど、良い事だったのですね。現在は、ベットで寝る事が普通になっているから、子供が小さい内だけでも布団に並んで寝た方が良いのかも知れませんね。
情報参考サイト=Yahoo Health
posted by サンテ at 14:47 | Comment(0) | 肥満 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。